輸入住宅で快適な住まいづくり

subpage01

輸入住宅は、1990年代後半からさかんに導入されるようになり、現在では住宅づくりにおける選択肢のひとつとして、日本の住まいの一角を担っています。

明確な定義づけはなされていないようですが、簡単に言うと、「海外の思想に基づいて設計され、資材を輸入で調達し、外国の仕様で国内に建築された住宅」ということになるようです。



したがって、資材の全てを輸入でまかなっていたとしても、設計や建築様式が日本の仕様であった場合は、輸入住宅と定義づけることはできません。
海外の住宅と言うと、外国のテレビドラマに出てくるような家屋が簡単に想像できますね。
ゆとりを持ったスペースの使い方で、天井が高く、ゆるくカーブを描く階段やロフトをふんだんに利用した贅沢な設計で、外壁や窓辺、エクステリアには緑が溢れ、機能性だけではなく、デザイン性にも優れた住宅を想像する方が多いでしょう。
都会の土地事情を考慮すると、それなりの建坪を必要とするこのタイプの住宅の仕様は、やや不向きであると言えるかも知れませんが、郊外や地方では、円高を利用して資材費の安い輸入住宅を建てる方は増加傾向にあります。

ガジェット通信についての情報を簡単に探すことができます。

近年の北欧建築や雑貨のブームが、それを後押ししているような傾向も見られますね。

ひとくちに輸入住宅と言っても、仕入先の国によって工法や資材はもちろんのこと、デザインなどの特色も異なりますが、押し並べて土地事情に左右されやすい日本の住宅よりも、ゆとりを持ったスペース使いになっている場合が多いようです。光を多く取り入れる大きな窓や、高い天井、木の香りが疲れを癒す輸入住宅で、快適な住まいを実現してみたいものですね。

磐田の輸入住宅のパリスタイルはこちらのサイトで情報公開中です。